The logbook of BERKUT 


大航海オンライン  エウロスサーバー
by berkut-logbook
カテゴリ
全体
航海日誌
旅の相棒
ファッション
鋳造
戦闘
雑記
放浪記
以前の記事
リンク
CAFE-de-Genova 商会
商会メンバーリスト

BOSS!Sanative=Vixen
しょんぼり日記(日記)
ベネット
ALL ABOARD! ~大航海時代オンライン(日記)
スーザ
落日の彼方へ 大航海時代onLine プレイ日記(日記)
Elixir
Elixir's bottle(日記)
ランフィード
ranfiedの日記(日記)
まいど。
超不定期新雑記日記(日記)
Julian
あー、波が高いぜ(日記)
Mznon.Fabre
*RingoFactory*(出張版)(日記)
ジスモンダ
Visual OSANCHI.net(日記)
ラドリック
彷徨えるイングランド人『ある英国紳士の手記』(日記)

おともだち
海原の放蕩息子(日記)
カパログ☆(日記)
Archelon Trade(情報、日記)
ボン・ボヤージ?(日記)
航海日誌のようなもの どりすたん@大航海時代Online(日記)
飴玉商会(商会)
哀愁の大航海っ(日記)
哀愁の大航海っ引越し先!
Growth★彡(日記)
かぬへる危機一髪(日記)
かぬへる危機一髪移転先(日記)
やぶにらみ航海日誌(日記)
Let's Facking Tango!!(日記)
大海原の小さな船(日記)
美小姐的大航海時代日記(日記)
中也の調理日誌(日記)
戦燕飛来(日記)
どろぴにっき(日記)
どら日記-FFXIネコの徒然-(日記)





   
●『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。
●このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
human teats
from human teats
laurita vide..
from laurita videom..
download sal..
from download salsa..
page
from page
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:航海日誌( 74 )


きらいだ!きらいだ!きらいだー!(アニマル浜口風に言ってね)

機雷祭りだ、わっしょい!

インド東に新たに出現した街発見の旅にインドに来たんだがね。なぜか、機雷修行に移行してしまった。
ちなみに、新街はコチンとモンパサしか発見していない^ー^

現在、海事レベル29、機雷レベル6
まずは、カリカット周辺がきな臭かった為(オレンジいーっぱい)に、西に進路を取りホムルズ方面に向かった。

しかし、ここら辺は重ガレー、アラビアンガレー、ガレアスなどの超強そうな敵ばかり。
弱そうなジーベック系のみに目標を定めて攻撃開始!

アラブ海賊(ジーベック×3) ノーマルジーベックだったので舐めていたが、こいつらラム持ち!
すさまじいスピードで迫ってくるよー、危うく沈みかけた・・・・・経験は200程度。うまいけどもう狩らない

イスラム商船隊(サムブ系×3) サムブだけ合って、柔らかい弱いと狩やすい敵だった。経験はイマイチ 150前後

イスラム商船隊(ジーベック系×3) 硬くて機雷あげにはいい、経験も280ほど入った。
問題は、ほとんど見かけない・・・・一回しか見たこと無いような気がする。

ホムルズ旅団(ジベ系×4)ホムルズ周辺に、2艦隊ほど沸いている。すごく美味い!白兵を仕掛けてこない上に硬いので機雷ががんがん上がる。全滅できずに3隻落としたが、経験が420!
ただ、砲撃が結構痛い、3戦ほどで装甲が死んだ。装甲代が馬鹿にならない!


機雷上げ時の装備(アラビアンガレー使用)
装甲
マスカットで、マホガニー板。カリカットでローズウッド板などの、木材装甲が手に入るが、私は打ち直しが出来ないので一回で使い捨てになる。最低でも2枚装備しないと砲撃が痛い
この装甲代が馬鹿にならない。
船首像
船首像はカリカットで天竜が手に入るので購入しているが、直ぐに壊れる・・・・
大砲
大砲は使わないので装備しない。

他装備の損耗を抑えるために、旋回マイナスの無い帆を装備・・・すぐに壊れるが

一番の問題はおやつ!
地中海より、チーズケーキ400個、ピザ200個、パウンドケーキ150個持ってきたが。足りない気配が濃厚です

アラビアンの耐久もかなり減ってます・・・
[PR]

by berkut-logbook | 2005-08-10 16:29 | 航海日誌

初かりぶ!

とっても充実した、インド冒険航海
BOSSの地理学で測量したり。
さいさんの生物発見に同行したり。
d0016893_18172222.jpg

ベネットの考古学クエ
d0016893_1817405.jpg

ベネット、らんぞさん、造船女神(名前出していいか聞くの忘れたので仮名w)と、「後継者争い」クエ
このクエで手に入る鎧は、回避+1・漕船+1と言う素晴らしいもの!皆様のおかげで、冒険も1あがったよ!
もうしばらく、インドに居たかったけど皆より一足早く、ソロで地中海に帰ってきた、いい加減に放置しているポルトガルイベントを進めたくてね

目的地はカリブ!実は私、まだ行ったこと無いの・・・かりぶ
あおいそら!あおい海!橙のPK!ってイメージが在るんだけどw行かなきゃ始まらない!
船倉に、適当に交易品を積んでリスボンを出航!超適当に進んだんだけど、無事にカリブにたどり着けた
d0016893_18244571.jpg

この海の色!、空の色!バカンスには丁度いいね。
街を発見しつつ、イベントを進行する
d0016893_18271867.jpg

ある「わーい、今日は焼肉だー」
べる「アルちゃん、お肉ばっかりじゃなく、野菜も食べなさい」
ばる「かーさん、ビールもう一本いいかい?」
べる「あなた、この前の検診で肝臓が弱ってるって言われたでしょ!一本でやめなさい」

おっと、間違い
d0016893_18403791.jpg

無事、戦闘ガレオン×5を撃破してイベント終了

もう少し、カリブに居たかったけど後ろ髪を引かれつつ、地中海に帰還
[PR]

by berkut-logbook | 2005-08-01 18:43 | 航海日誌

モヘンジョダロ=剣士前提!

どーゆうわけか、うちの大将(Sanative=Vixen)が地理学に目覚めちまってね・・天竺まで測量にでかけたらしい。
そこで、高度な測量術を学んだ大将はついに「モヘンジョダロ遺跡」の発見が可能なまで腕をあげた

「モヘンジョダロ遺跡」!!
そこには、あらゆる剣術を修めたティラード一味が居て、剣士の称号を欲する者は彼を打ち倒さねばならない!
剣術の道を極めんとする者にとって、避けては通れない場所だね。
私は、剣術はかじった程度しか持ち合わせていないが、いつの日か腕を上げて彼に挑みたいと思っている。

考古学を学んだベネットが、モヘンジョダロ遺跡の探索に出るというんで、私も探索隊に参加させてもらった!
モヘンジョダロに入れなければ、ティラード一味に挑戦することすらできない。

リスボンより、ベネット・Ranzoさんと3隻で艦隊を組み、インドへ向かう
インドで、大将と合流して近場の島を発見させてもらった。普段は何気なく素通りする海域もこうして見ると綺麗な水の色をしているもんだ。

日をまたいで、ついに遺跡探索の旅に
まずは「古代ペルシャの大宮殿」をうけて、ペルセポリス遺跡を発見!
この大宮殿をトリガーにして、さまざまなクエが発生するらしい。つぶして置かないと先に進めないクエが出る可能性もあるから、ぜひやっておきたかった!

カリカットより、遺跡発見を経てアデンへ、そこで「母なる大河」を引いて待機してくれていた大将と合流。
なんと、酒場ではカパチョフさんと並んで、水タバコをふかしていた。
酒場とは名ばかり、イスラムの教えでは酒はご法度だ、かぱさんは一つずつ街をめぐってインドを目指しているらしいが、ここら辺は酒好きのカパさんには地獄だねw
次の街を目指すカパさんと別れ、インダス川を測量するために海を渡る。
インダス川を測量した後はカリカットへ向かい、ついにベネットが「古代文明の大都市」を引き当てた!一発だよ・・・クエの引き運を私にも分けておくれ・ww

上陸地点より、奥地に向かい遺跡発見!
d0016893_18252085.jpg


肝心のティラード一味はこんな奴らだった
d0016893_18274130.jpg

ちょっとだけ、ちょっかいを出してみたんだけどね・・・・つよすぎw

私は、コルセアコートにシュバイツアーサーベル装備
剣術4+1で攻撃したんだけど、ティラードには一撃で12~とか・・・かたいよ!
それに引き換え、こちらは90~の打撃を受ける。
取り巻きのティラード一味からは45~の攻撃を受けるので、一ターンで(90+45+45)のダメを最低でも受けるわけだ・・・

これは、鎧装備でも絶対に勝てないw、回復さえままならず斬られることになりそうだ
まあ、剣術家転職クエは「剣術12、突撃6」必要らしいから、剣術5じゃ歯が立たないのは当然だねw
[PR]

by berkut-logbook | 2005-07-28 18:41 | 航海日誌

戦術家

      だっだっだっだだんターミネーター風
d0016893_19384052.jpg

      だっだっだっだだん
d0016893_19385218.jpg

      だっだっだっだだん
d0016893_1939768.jpg


d0016893_19392126.jpg

      祝! 戦術家

いや、それだけw
[PR]

by berkut-logbook | 2005-07-25 19:41 | 航海日誌

ケープデビュー


地中海のジェノバ、アテネ、北海、バルト海と戦場を渡り歩いてきた私は、次なる戦場を探して南に舵を取った。
たどり着いた場所はケープ!軍人の道をたどるものは、必ず通る道!

初めて向かう場所ってのは、勝手がわからず不安なものだね
そんな時、スティアさんのブログAmbitious or Malicious ?にてケープ入門なるものを発見して参考にしたよ。

ケープでは、総合的な人数が少ないためにPTを組むことが難しい。
検索をかけてみると、海事レベル25~32くらいの人が多いみたいだね、これを考えるとケープデビューするには大体25前後の海事レベルがあればPTでも足を引っ張ることがなさそうだ。
私はレベル24で直ぐにPTに入ることができたが、海事レベル22でシャウトしている人は入れるPTが無くて30分以上シャウトしていた。
艦隊平均レベルのプラスマイナス6以内が経験補正のかからない範囲と聞いたから、平均レベルの小さい艦隊がちょうどあれば良いけどね、ケープに行くなら25前後を目安にすると良い。
ただし、知り合いでPTを組めるならばランク20~で、ピンネ&アラガレ以上に乗っていれば十分やっていけると思う。

次に、ケープでの艦隊行動
代表的なクエは4つ
悪徳商船討伐 星5 (悪徳)
ケープ略奪の危機 星5 (危機)
快速艇の追撃 星6 (快速)
偽装商船団 星7 (偽装)

ジェノバの(商船・大船団)のように(括弧)の略称で呼ばれる、4つのクエをメインで受けることになる。
これらのクエは、情報がすべてケープで揃い、戦場がケープより近くNPC狩りに向いている。

ジェノバではクエを回すが、ケープではクエはおまけで、メインはNPC海賊を狩ること。
クエを受けて出航>達成>NPC狩り>補給って流れで、戦闘を行う。
だいたい30日は狩りを続けることになるので、出航時は水多め。食料少なめで、運用・釣り・調達をフルに使用して航行日数を稼ぐことになる。
調達に関しては、アイテムがケープで売っているが他の2つは必須と思ったほうが良い。早めに取ってランクを上げておく事をお勧めする。

メインで狩るNPC海賊は 
「アガラス」ガレオン
「ナミブ」重キャラ
「カラハリ」
などの3隻程度の艦隊をメインで狩って行きます。

大体、海事レベル33程度で入手できる経験値が大幅に下がるために33以上になると、カリカットに向かうようだ。

私は、今回のケープでの目標は海事ランク28!
これは私が持っている、上級戦闘職(戦術家・砲術家)への転職証が使えるランク。持ち込んだ大砲6基が壊れるか、目標レベルに達するまでは地中海には帰りません!
[PR]

by berkut-logbook | 2005-07-23 16:52 | 航海日誌

大 海 戦 !!

ジェノバをかけての、大海戦

前に、この海が戦場になったときは、私はまだ体験版のアカウントで、参加権を持っていなかった。
コグか、小型キャラベルに乗って、出撃していく大艦隊を見送ったものだ・・

今回の、大海戦はおそらく最後のまともな大海戦になる。
8月の亡命システムの導入により、既存国のバランスは崩れ、強国とそうでない国との差が大きくなる。
今回の海戦で同じ旗の下、共に戦った仲間たちも、次の海戦では違う旗をかかげているかもしれないね。
そんな、今回の開戦前、一見他国民にはいつもと変わらないように見えるリスボンには、いつもとは違う空気が流れているのをポルトガル国民は感じていたはずだ
国民の間には、戦闘用装備やアイテムの支援の声が広がり、迫る海戦に対するアナウンスが流れていた。
ポルトガル国民の間には、深く熱く燃える意思が存在していることを感じた・・
これまで海戦に参加していなかった私に、参加を決意させるだけの空気が・・・

参加することを決めた、今回の大海戦。準備は1週間前から始めていた。
使用するための、大砲・装甲・船首像といった主要装備は、直前になってから集めようと思っても遅いからね。
今回の大海戦用装備
d0016893_1852376.jpg

おにゆり「アラビアンガレー」
補助帆×2
船首「ファフニールの像」
船首カロネード砲
船尾カロネード砲
カロネード砲14門×3
鉄板×3
大型ラム
大型船尾楼

・・・・はっきりいって、マジ装備!

大海戦1日目
リスボン教会にて、大海戦用PT編成の支援を受けたよ。支援部隊の皆様ごくろうさま!
商会のScienceさんと同じ艦隊に入ることになった。
私が入ったのは、ガレオン×2、大型きゃらっく??、アラビアンガレー×2の編成のかなり、攻撃的な編成の艦隊・・・戦闘レベルカンストしてる方もいますyo!
とても、すばらしい艦隊に入ることができたと思う。
戦場はひどいラグで、スキルやアイテムを使用することすら困難
攻撃、防御、応援とかなりの戦闘をこなしたけど、主戦力のガレオンが敵陣を切り崩し、私とサイさんのアラガレが足止めを行う。
かなり、効果的で、私は敵を4隻撃沈、自分は一回沈んだね。
しかし、提督を逃し戦果はイマイチ、勝利数1、戦功1。負け星無しが一日目の戦果!
艦隊の皆様、ありがとうございました!

大海戦2日目
ジェノバ教会にて、支援を受け艦隊に参加したよ。
今日は、ガレオンクラス×2、ラレアル、ガレー×2の編成
昨日よりも、さらにイッチャッテマス!
しかし、2日目の戦場のラグは、昨日よりもさらにひどい物だった。
5隻で、移動している途中、味方が戦闘を開始しました!との表示と共に、私とレアルの2隻が取り残されてしまう。?と思っていると同時に攻撃を食らい、気がつくと私が旗艦になり2隻で敵の目の前に!すぐに戦線離脱しようとするのですが、5隻の集中砲火の前にあっけなく沈んでしまった。私は艦隊を離脱しカルヴィに帰還したのですが、レアルの方は離脱するのを忘れて航行中、10vs1の戦闘に巻き込まれたそうです。((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
この追従切れ、この日だけで5~6回はあったような気がします。
気がつくと誰か居ないのだよ・・・・
これでは、まともに戦闘などできませんが、解散>再編成を繰り返して戦闘を続行した。
味方艦の戦闘をよく見て、基本的に援護をメインに動き回ります。
味方艦が砲撃、白兵しやすいように敵船を足止めし、自分よりアタッカーの戦果を優先します。
敵艦が一艦だった場合、頭と横をおさえ、敵船がどの方向に転舵してもクリティカルを狙えるようにし、白兵であれば、頭を抑え連続白兵又は、頭への砲撃!
この日の戦果は 勝利数2、戦功2 です。3隻沈めて、自分は2回やられてます。そのうち一回は2隻艦隊で旗艦だったので黒星になったはず。個人戦績には負けの数は表示されないのかな?
トラブル続きでしたが、艦隊の皆様、ありがとうございました!

3日目
最終日は、これまでの野良艦隊とは違いますよ~!
商会内同国籍で艦隊を組み、「CAFE-de-Genovaポルトガル艦隊」を組みます!
私、ベネット、Elixir、ランフィールド、スーザ、アラガレ×3、ピンネース×2の編成!
戦闘力ではかなり劣る事から、応援メインの作戦でひどいラグを考慮して、光回線を持つエリさんを旗艦に艦隊を組むことにしたんだ。
なにしろ、気心が知れているため、昨日よりも気を使うことがない分だけ、楽だったと思うし。3日間の中でも一番たのしい海戦になった!
ジェノバを出航して、応援要請を探したけど、なにしろひどいラグ!応援要請を見て駆けつけても既に埋まっていたり、戦闘開始の窓を開けないうちに通り過ぎるなど、なかなか戦闘相手が見つかりません。
初回と2回目の戦闘では、いきなり沈みました!
昨日まで自分が行っていた、アタッカーと援護の連携を自分が食らうことに!
横と頭を抑えられ、なすすべなくクリティカルを食らいました、 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
こちらの艦隊の編成が、旗艦、アタック×2、遠距離支援×2だったので、単艦で敵陣に突っ込むことになり、昨日までの2隻で近接しながら支援しあう戦闘になれた私は、対応が遅れたのです。

何度目かの応援時、突入すると敵艦隊は5隻のみ、戦闘海域の端っこで敵旗艦と味方艦の戦闘が行われています。
一隻が白兵、もう一隻が砲撃を加え、敵旗艦を追い詰めていますが、敵に逃げられそうだ。
私は漕船・弾道・貫通を発動すると、一直線に敵旗艦の元に向かった!

見ると、敵提督は白兵から逃れ、砲撃艦からの一撃にも耐えて離脱を図っていた!
敵提督の耐久値は赤くなっているが、白兵終了後と、砲撃後の味方艦は攻撃することができない!
逃げられるか?と思ったとき、私の船の船首砲の射程に敵提督が入った!
船首カロネード砲は、真っ赤に点滅し、発射されるときを待っている・・ふぁいあ!
発射された砲弾は敵船尾を貫き、海に沈めた!

この日の戦果はこんな感じ!
d0016893_2165398.jpg

勝利数3、戦功4!
まさか、3日間で最高の戦績になるとは思わなかったw
しかし、この戦績ってどんなカウント方法なんだろう?
この日は覚えている限りで、2隻撃沈、自分は2回沈のはず・・・

戦闘終了後
艦隊と、たくさんのピッツアをジェノバで支援販売していたライラを加え記念撮影!
d0016893_2112437.jpg


すべての支援をしてくれた方々に感謝!です
[PR]

by berkut-logbook | 2005-07-18 21:16 | 航海日誌

8月のUPデート

・・・・Σ(゚□゚*)ナニーッ!!
さらに、初心者の方が安心して航海できるよう、9月7日までの期間限定で東地中海、カナリア沖を安全海域とします。

もう、ずっと安全海域にしちまえよ・・・危険海域の意味って何?


遂にガレアス導入か~
これにともない、白兵戦で無敵を誇る『ガレアス』と、造船でのみ建造可能な軍人用の船として、大砲スロットを5基備えた『戦列艦』が乗船可能になります。

公式のSSにある、右端の船が気になる~かっこいいよ!
サプライズ号にそっくりw

新規国実装と、気になる話題が多いですな。
[PR]

by berkut-logbook | 2005-07-15 15:48 | 航海日誌

砲術か?

海戦準備の為、大砲の材料集めに奔走していました。
まずはベネットに依頼された、ペリエ砲を作成。その後で自分用の大砲準備に取り掛かる。
私は鋳造R10持ちなので、大砲・砲弾・鋼を作成して、高ランク鋳造屋に最後のワンクリックをお願いします。
大型大砲であるカロネード14門の材料となると、大砲56・砲弾44・鋼52という凄まじい数を集めなきゃならない。
私の商サムブでは2基分の材料を積むのが精一杯だね
2基分の材料を集め、ハンブルグでNシャウトして大砲の製造をして頂きました。
次の日、もう1基分の材料を集めてロンドンにいたランゾさんに作成していただいた。

次に、装甲の鉄板だけど、すでに北海では材料購入数が最低になっているので、地中海のアルジェ・チュニスに向かうことに!
ベネットとランゾさんは、ジェノバで海事クエを行うとの事なので、リスボンまで引っ張ってもらい、私の用事が済んだら合流することに。

リスボンで以前入手していた証書を使い、海軍士官に転職。アルジェ&チュニスに向かい、鉄鉱石を入手~

そして、マルセイユに向かったところ・・・「砲術家転職クエ、1Mで紹介します」とのシャウトが・・・・
もう、ほとんど反射的に敬礼してしまったよ・・
ジェノバにて海事を行う予定だったけど、中止して転職クエを紹介してもらった。

砲術家「技術者との共同執筆」 星3 フランス語・弾道学5・水平射撃8
これがまた、あっけに取られるほど簡単なクエで、ダヴィンチと3回会話するだけという・・・

砲術家、ちょっと気になっていたのです。マルセイユに来るたびに誰かが「砲術転職クエ紹介してください~」ってシャウトを聞いていたので。

上級戦闘職である砲術家、優遇スキルが
補給・操舵 砲術・弾道学・ 水平射撃・速射・貫通・修理・消火
おもいっきり、砲撃に偏っています。(あたりまえだ

対極が剣士
中間が賞金稼ぎ、広域海賊、上級士官
特殊が船大工、戦術家って所でしょうか。

なんといっても、この砲術家は水平と貫通の優遇が魅力な職業です。

問題は、今アイテムの中に、史学家転職証・戦術証が入ってること・・
戦術家・砲術家ともに、海事レベル28必用なので、まだ転職できないんだけどねw
[PR]

by berkut-logbook | 2005-07-14 17:58 | 航海日誌

アラガレへの道

以前書いたように、アラガレを買うために、遥か天竺へと帆を上げたんだ

インドへの航海は3度目、ソロでは2回目になる
前のソロ航海で航路の確認もばっちり、船員の錬度・忠誠も90、各種回復アイテムを積み込んでリスボンより出航~

悪夢のような災害続きの旅になるとは、そのときは夢にも思わなかったんだが・・・
複合帆を3枚、大スパンカーを装備した商用サムブークは順調に風をうけ南へ舵を取っていた
そして、ラスパ沖辺りで最初の災害!次から次へと災害が船を襲う!
ログを確認して、今回の航海中の災害を書き出してみた。

>カリカット行き
甲板が汚れてきています
磁場が狂っています
船員が欲求不満のようです
船員が栄養不足のようです
突風を受けました 帆が損傷しました
船員が欲求不満のようです
火災が発生しました ソウダカツオが1焼けてしまいました
嵐が来ました
壊血病が発生しました
壊血病が発生しました
嵐が来ました
嵐が来ました
船員が欲求不満のようです
ネズミが大量発生しました、ネズミにイワシを2かじられました

>リスボンに帰還
ネズミが大量発生しました、ネズミにイワシを1かじられました
ネズミが大量発生しました、ネズミにグルクマを1かじられました
火災が発生しました ソウダカツオが1焼けてしまいました
火災が発生しました コショウが20焼けてしまいました
甲板が汚れてきています
火災が発生しました カツオが1焼けてしまいました
船員が栄養不足のようです
嵐が来ました
疫病が発生しました
突風を受けました
ネズミが大量発生しました、ネズミにサバをかじられました。

・・・・・・・・・・・これって普通か?多くないか?25件だぞ!

コレまでのインド行きでも、こんなに災害が発生したことは無いし!
今回の航海は呪われていたねえ

やっぱり、船首像をつけていないのが原因なのかな?
商会チャットで聞いた所、災害守護の高い像を装備した場合、発生率も沈静率も上がるらしい。
私は、回避用の船首像しか使った事が無いから、よく分からないんだけどね。
工芸もちのScienceさんに聞いた所、
ヨルムンガンドの像 8.4.0.1
アナンタの像 8.1.0.4 
の作成が可能らしい、どちらもターコイズを材料に使用するみたいだから、次にインドに行ったときにホムルズで買い込んでこよう。

さて、肝心のアラビアンガレー
マスカットの造船所にて、おやじ製の船を購入!
いままで3.8Mなんて高額な買い物したことないから、クリックする指がふるえちゃったw
d0016893_1901848.jpg


無事帰還後、無改造でちょっと慣熟戦闘をしてみたんだけど

強い!

話には聞いていたけど、すごいわ・・

くわしいレポは後ほど!
[PR]

by berkut-logbook | 2005-07-05 19:25 | 航海日誌

東を満喫しましょー


今回のパッチによって、東地中海の期間限定安全化が導入されたね!
当然のように、私も東に舵を取るわけだw

前回のベネット主催冒険ツアーに引き続き、平日冒険ツアーに参加してきたよ~

初日はロンドンスタート!
連続クエ「ヤコブの石」を受けて東に向う予定だったんだけど、今回のパッチで導入されたポーカーが大流行
ロンドン広場出航所横で座り込み、商会長さなさん、ラドリックさん、ベネット、私でポーカーに興じる。
いやー、ルール忘れてるわ・・・予習しておかねば

当初、皆で東に向う予定だったのだが、サナさんの「神のクエ引き」により東組みと「戴冠石」組に別れる事に。

ベネットと二人、東を目指すわけだが・・・今まで見たことの無いほどの人数が東地中海に集まってるねw(私もその一人だが)
冒険者にとって東は楽園だと聞いていたが、その意味がよく分かる一日だった

経験は勿論なんだけど、出てくるクエが面白いものが多い!
ベネットの選択するクエは、やったことが無くて面白そうな物を優先しているので、発見系や情報集め系などバリエーションに富んでいて、飽きることなく冒険を楽しめる
東ではいわゆる、効率の良いクエの連戦「~回し」のような物を重点的に行い、経験を稼ぐ方法もあるけど、それだと楽しくないしね

次の日も、冒険の旅に出るのだけれど、もう一つ目的があったんだ。
私は「サロニカ」「イスタンブール」に行ったことが無いw

いや、だって用事が無いもの。行きたいなと思いつつズット保留していた街発見を、この際だからやってしまおうという魂胆
今を逃したら、2度と行かんかも知れんしな
ベネットのすばらしい引きでサロニカ行きのクエを受け、サロニカ>イスタンへの航路を取る。次に来るのは何時だろうね?

幾つかクエをこなし、アレクにてヒッタイトの古文書と云うクエを行う事に、アレクとカイロ上陸にいたエリさんとランさんを加えて4人でアテネへ向う。

さて、アレクを出て直ぐ、追従を切りレースが始まりました。
なぜかと言うと、エリさんのサムブークはー14%の速度重視船なのだが、私の+9%商サムブークと果たしてどれくらい違うのか?
結果はこの通りwまったく歯が立ちません
d0016893_2049449.jpg


アレク>アテネの近距離ですらこの差がですから、遠距離であれば、さらに顕著に差が現れる事でしょう。

ヒッタイトを終了してアテネへ帰ると、酒場でシャリマールさんと遭遇
生態調査クエで亀を探しに行くというので、便乗させていただきましたよ。私にとって初の生物発見クエだったりします。
「青い海の青いカメ」素敵な名前のクエだねえ
d0016893_20492260.jpg


シャリマールさんには痛んできたコルセアコートの新調を依頼して、今日の冒険はお仕舞い!

職業が軍人である私ですら、2日で1500近い経験が入りましたよ
私の目標とする冒険レベル18も達成! ちょっと趣向を変えてガレーに挑戦してみようと思います。
あまりガレーは好きではないのですが、何事も経験です。フリゲート購入の予定を変更してアラビアンガレーを使ってみようと思う
フリゲートは、今使っている戦ピンネが引退したら導入することにした。もしくはガレーが性に合わなければ直ぐ切り替えるかもしれんが

ちょっと、懐が寂しいので週末にお金を稼いで来週くらいにはガレーを買いに行こうかな?
[PR]

by berkut-logbook | 2005-07-01 20:53 | 航海日誌